つるが‐わん【敦賀湾】例文一覧 1件

  1. ・・・――一度は、たとえば、敦賀湾でありました――絵にかいた雨竜のぐるぐると輪を巻いて、一条、ゆったりと尾を下に垂れたような形のものが、降りしきり、吹煽って空中に薄黒い列を造ります。 見ているうちに、その一つが、ぱっと消えるかと思うと、たちま・・・<泉鏡花「雪霊続記」青空文庫>