• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つれ‐づれ【徒然】 の意味

  1. 《「連 (つ) れ連 (づ) れ」の意》
  1. [名・形動]
  1. することがなくて退屈なこと。また、そのさま。手持ちぶさた。「読書をして病床の―をまぎらわす」
    • 「―な舟の中は人々の雑談で持切った」〈藤村破戒
  1. つくづくと物思いにふけること。
    • 「―も慰めがたう、心細さまさりてなむ」〈・賢木〉
  1. しんみりとして寂しいこと。また、そのさま。
    • 「いと―に人目も見えぬ所なれば」〈・東屋〉
  1. [副]
  1. 長々と。そのままずっと。
    • 「―と降り暮らして、しめやかなる宵の雨に」〈・帚木〉
  1. しんみりと寂しいさま。
    • 「―とこもり居りけり」〈伊勢・四五〉
  1. よくよく。つくづく。
    • 「言ふ顔―うちながめ」〈浄・手習鑑
  • つれ‐づれ【徒然】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ と女房は、毎日のように顔を見る同じ漁場の馴染の奴、張ものにうつむいたまま、徒然らしい声を懸ける。

      泉鏡花「海異記」

    • ・・・――五月雨の徒然に、踊を見よう。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・と滝に臨んだ中二階の小座敷、欄干に凭れながら判事は徒然に茶店の婆さんに話しかける。

      泉鏡花「政談十二社」