• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つれづれぐさ【徒然草】 の意味

  1. 鎌倉時代の随筆。2巻。吉田兼好著。元徳2~元弘元年(1330~1331)ごろ成立か。随想や見聞などを書きつづった全244段(一説では243段)からなる。無常観に基づく人生観・世相観・風雅思想などがみられ、枕草子とともに随筆文学の双璧 (そうへき) とされる。

つれづれぐさ【徒然草】の慣用句

  1. つれづれぐさしょう【徒然草抄】
    • 江戸前期の注釈書。13巻。加藤盤斎著。寛文元年(1661)刊。兼好の伝記を巻頭に置き、徒然草の仏教思想を中心に評釈を加えたもの。盤斎抄。
  1. つれづれぐさもんだんしょう【徒然草文段抄】
    • 江戸前期の注釈書。7巻。北村季吟著。寛文7年(1667)刊。徒然草を244段に分け、注釈の旧説を取捨してのせ、自説を加えたもの。
  • つれづれぐさ【徒然草】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 椿岳は晩年には『徒然草』を好んで、しばしば『徒然草』を画題とした。

      内田魯庵「淡島椿岳」

    • ・・・先生極真面目な男なので、俳句なぞは薄生意気な不良老年の玩物だと思っており、小説稗史などを読むことは罪悪の如く考えており、徒然草をさえ、余り良いものじゃない、と評したというほどだから、随分退屈な旅だったろうが、それでもまだしも仕合せな事には少・・・

      幸田露伴「観画談」

    • ・・・ついでながら徒然草に、馬鹿の真似をする奴は馬鹿である。

      太宰治「鉄面皮」