つれづれぐさしょう〔つれづれぐさセウ〕【徒然草抄】 の意味

  1. 江戸前期の注釈書。13巻。加藤盤斎著。寛文元年(1661)刊。兼好の伝記を巻頭に置き、徒然草の仏教思想を中心に評釈を加えたもの。盤斎抄。