つれづれぐさもんだんしょう〔つれづれぐさモンダンセウ〕【徒然草文段抄】 の意味

  1. 江戸前期の注釈書。7巻。北村季吟著。寛文7年(1667)刊。徒然草を244段に分け、注釈の旧説を取捨してのせ、自説を加えたもの。