出典:デジタル大辞泉(小学館)

キク科の多年草。海岸近くに自生。長い柄のある葉が束生し、葉は腎臓形で厚く、上面は光沢がある。10月ごろ、花茎が約60センチ伸び、黄色の頭状花が多数咲く。葉柄を食用にし、葉・葉柄を民間療法で打撲・やけどなどに用いる。観賞用にも植えられる。款冬 (かんとう) 。いしぶき。やまぶき。つわ。 花=冬》「―はだんまりの花嫌いな花/鷹女」