出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「礼記」楽記から》

  1. 非常に喜んで思わず小躍りするさま。有頂天になるようすにいう。「劇的な逆転勝ちに手の舞い足の踏む所を知らず喜ぶ」

  1. あわてふためくさま。

    1. 「公卿殿上人、内裏へ馳 (は) せ参って―」〈保元・下〉