出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接助]活用語の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の音便形に付く場合は「で」となる。形容詞、形容詞型助動詞に付く場合は「って」の形をとることもある。
  1. ある動作・作用から、次の動作・作用へと推移・連続する意を表す。「学校に行って勉強する」「着替えをすませて寝る」

    1. 「春過ぎ―夏来たるらし白妙の衣干したり天の香具山」〈・二八〉

  1. 原因・理由を表す。…ので。…ために。「頭が痛くて寝ていた」

    1. 「老いかがまり―室 (むろ) の外 (と) にもまかでず」〈・若紫〉

  1. 手段・方法を表す。「歩いて通学する」「泣いて抗議する」

  1. 時間の経過を表す。「卒業して五年になる」

  1. 並立・添加を表す。「雨が降って風が吹く」「大きくて甘い柿」

    1. 「昔、男臥し―思ひ、起き―思ひ」〈伊勢・五六〉

  1. 逆接を表す。「わかっていて答えない」「見て見ぬふり」

    1. 「昔、男身はいやしく―、いとになき人を思ひかけたりけり」〈伊勢・九三〉

  1. (「…て…て」の形で)強調の意を表す。「売って売って売りまくる」

  1. (「…について」「…に関して」「…に関して」「…にとって」などの形で)次の動作・作用の行われる事態・状況・関係事物などを提示する意を表す。「この問題に関して触れるならば」「我々にとって大事なことは」

  1. 補助動詞に続けて、動作・作用の内容を具体的に示す意を表す。「思い出してみる」「嫌になってしまう」

    1. 「五条なる家たづね―おはしたり」〈・夕顔〉

  1. 10 連用修飾語を作り、状態・様子を表す。

    1. 「いといたく面痩 (おもや) せ給へれど、なかなかいみじくなまめかしく―、ながめがちに音 (ね) をのみ泣き給ふ」〈・夕顔〉

[終助]活用語の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の音便形に付く場合は「で」となる。形容詞、形容詞型助動詞に付く場合は「って」の形をとることもある。
  1. 質問や確かめの気持ちを表す。「あなたにもできて」「いらしたことあって」

  1. (「てよ」の形で)話し手が、自分の判断や意見を主張する気持ちを表す。「私にはあなたの気持ちよくわかってよ」「とてもすばらしくってよ」

  1. 依頼、軽い命令を表す。…てください。…てくれ。「早く来て」「私にも見せてね」

  1. (形容詞・形容詞型助動詞に付いて)気持ちの高まりを表す。…てたまらない。「とても寂しくて」「推理小説を読んだので怖くて」

[補説]は、くだけた表現、うちとけた会話に用いられる。いずれも接続助詞「て」によって導かれる文を表現しない言い方で、本来の質問・主張・命令などに比べると柔らかく、婉曲 (えんきょく) な表現になっている。12は女性専用語。