出典:デジタル大辞泉(小学館)

[格助]《格助詞「にて」の音変化》名詞、名詞的な語に付く。
  1. 動作・作用の行われる場所・場面を表す。「家で勉強する」「委員会で可決する」「試験で合格点を取る」

    1. 「やまきの館 (たち) ―夜討ちに討ち候ひぬ」〈平家・五〉

  1. 動作・作用の行われる時を表す。「二〇歳で結婚する」

    1. 「十三―元服仕り候ふまでは」〈平家・七〉

  1. 動作・作用を行う主体となる組織・団体を表す。「政府側で検討中だ」「気象庁で光化学スモッグ警報を発令した」

  1. 期限・限度・基準を表す。「一日で仕上げる」「五つで二〇〇円」

    1. 「三百騎ばかり―喚 (をめ) いて駆く」〈平家・七〉

  1. 動作・作用の行われる状態を表す。「みんなで研究する」「笑顔であいさつする」

    1. 「盗人なる心―、否 (え) 、主、かく口きよくな言ひそ」〈今昔・二八・三一〉

  1. 動作・作用の手段・方法・材料などを表す。…を使って。「電話で連絡する」「テレビで知ったニュース」「紙で作った飛行機」

    1. 「この御馬―宇治河のまっさき渡し候ふべし」〈平家・九〉

  1. 動作・作用の原因・理由を表す。「受験勉強で暇がない」「君のおかげで助かった」

    1. 「その御心―こそかかる御目にもあはせ給へ」〈平家・二〉

[接助]7から。近世語》活用語の終止形に付く。原因・理由を表す。
    1. 「おれが居て、あちこちから算段してやる―通られるが」〈滑・浮世床・初〉