出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形「に」に接続助詞「て」、補助動詞「あり」の付いた「にてあり」の音変化》
  1. 断定の意を表す。…だ。「兄は作家―・り、妹はピアニスト―・る」

    1. 「タダツキセヌモノワ涙―・ッタ」〈天草本平家・二〉

  1. (「のである」「なのである」の形で)説明する意、または強く決意を表明する意を表す。「人間とは孤独なものなの―・る」

[補説]「である」は鎌倉時代に発生し、室町時代に発達した語で、「じゃ」「だ」はこれから出たもの。現代では、文章語・演説口調の常体として用いられる。

出典:gooニュース