出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド西部、グジャラート州の工業都市。15世紀初め、同地方を治めたスルターン、アフマド=シャー1世が建設した城塞都市に起源する。英国統治時代より綿織物工業が盛ん。1915年にガンジーが南アフリカから帰国し、インド独立運動の拠点を置いた。2017年、世界遺産(文化遺産)に登録。アーマダバード。アフマダーバード。人口、行政区352万(2001)、都市圏453万(2001)。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉