て‐あわせ〔‐あはせ〕【手合(わ)せ】例文一覧 1件

  1. ・・・   武者修業 わたしは従来武者修業とは四方の剣客と手合せをし、武技を磨くものだと思っていた。が、今になって見ると、実は己ほど強いものの余り天下にいないことを発見する為にするものだった。――宮本武蔵伝読後。   ユウ・・・<芥川竜之介「侏儒の言葉」青空文庫>