出典:デジタル大辞泉(小学館)

discounted cash flow method》企業価値や不動産価値を測る指標の一。将来にわたって生み出されるキャッシュフローの合計と企業・不動産の売却予定額を、あらかじめ設定した割引率を用いて換算し、その企業・不動産の現在価値を算定するもの。出入りする資金の量から企業・不動産の採算性を判定する手法。収益還元法の一。ディスカウントキャッシュフロー法。割引現在価値法。割引キャッシュフロー法。→EV/EBITDA倍率