出典:デジタル大辞泉(小学館)

太陰暦で、朔(新月)が月の1日目になるように大の月(30日ある月)と小の月(29日)とを組み合わせていく暦法。→平朔 (へいさく)