出典:デジタル大辞泉(小学館)

モーリタニアの中央部にある町。12世紀から16世紀、サハラ交易の拠点として栄えた。モスクを中心に家屋を配した伝統的集落、クサールの遺構が残る。1996年、他の中継都市とともに「ウワダンシンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。チシット。