てい‐じゅ【庭樹】例文一覧 7件

  1. ・・・もう先刻から庭樹の間を、けたたましく鳴きながら、あっちへ飛び、こっちへ飛び、飛騒いでいたのであるから。 障子を開けたままで覗いているのに、仔の可愛さには、邪険な人間に対する恐怖も忘れて、目笊の周囲を二、三尺、はらはらくるくると廻って飛ぶ・・・<泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」青空文庫>
  2. ・・・はじめ、連立って、ここへ庭樹の多い士族町を通る間に――その昔、江戸護持院ヶ原の野仏だった地蔵様が、負われて行こう……と朧夜にニコリと笑って申されたを、通りがかった当藩三百石、究竟の勇士が、そのまま中仙道北陸道を負い通いて帰国した、と言伝えて・・・<泉鏡花「古狢」青空文庫>
  3. ・・・ と話しながら石の門を入ると、庭樹の間から見える縁先に十四五の少女が立っていて、甲乙の姿を見るや、「神崎様! 朝田様! 一寸来て御覧なさいよ。面白い物がありますから。早く来て御覧なさいよ!」と叫ぶ。「また蛇が蛙を呑むのじゃアあり・・・<国木田独歩「恋を恋する人」青空文庫>
  4.  わが青年の名を田宮峰二郎と呼び、かれが住む茅屋は丘の半腹にたちて美わしき庭これを囲み細き流れの北の方より走り来て庭を貫きたり。流れの岸には紅楓の類を植えそのほかの庭樹には松、桜、梅など多かり、栗樹などの雑わるは地柄なるべし、――区何町・・・<国木田独歩「わかれ」青空文庫>
  5. ・・・この圧迫するような感じを救うためには猿股一つになって井戸水を汲み上げて庭樹などにいっぱいに打水をするといい。葉末から滴り落ちる露がこの死んだような自然に一脈生動の気を通わせるのである。ひきがえるが這出して来るのもこの大きな単調を破るに十分で・・・<寺田寅彦「夕凪と夕風」青空文庫>
  6. ・・・ わが断腸亭奴僕次第に去り園丁来る事また稀なれば、庭樹徒に繁茂して軒を蔽い苔は階を埋め草は墻を没す。年々鳥雀昆虫の多くなり行くこと気味わるきばかりなり。夕立おそい来る時窓によって眺むれば、日頃は人をも恐れぬ小禽の樹間に逃惑うさまいと興あ・・・<永井荷風「夕立」青空文庫>
  7. ・・・やや古びた八畳大きな机や 水鉢の金魚貴方は白い浴衣を着今は書籍の前に今は 縁に又は水を打った庭樹の面をいかにも東洋人の安易さを以てひっそりと打眺めて居られるでしょう。遠く離れ心では 又と会うまいと・・・<宮本百合子「初夏(一九二二年)」青空文庫>