出典:デジタル大辞泉(小学館)

手術・検査などに伴う痛みや発熱、出血などをできるだけ少なくする医療。内視鏡カテーテルなど、身体に対する侵襲度が低い医療機器を用いた診断・治療のこと。患者の負担が少なく、回復も早くなる。