出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 宗教的な理由から、また縁起をかついで、使うのを避ける言葉。古くは斎宮で「仏」「経」などを、民間で婚礼のときに「去る」「帰る」、正月の三が日に「坊主 (ぼうず) 」「箒 (ほうき) 」などを忌んだ。

  1. 1の代わりに使う言葉。斎宮で「寺」を「瓦葺 (かわらぶ) き」、「僧」を「髪長 (かみなが) 」、民間で「すり鉢」を「あたり鉢」、「梨 (なし) 」を「ありの実」という類。