てい‐せつ【貞節】例文一覧 6件

  1. ・・・――メリイ・ストオプス夫人によれば女は少くとも二週間に一度、夫に情欲を感ずるほど貞節に出来ているものらしい。 年少時代。――年少時代の憂欝は全宇宙に対する驕慢である。 艱難汝を玉にす。――艱難汝を玉にするとすれば、日常生活に、思慮深・・・<芥川竜之介「侏儒の言葉」青空文庫>
  2. ・・・錬汞服沙一日に非ず 古木再び春に逢ふ無かる可けん     河鯉権守夫れ遠謀禍殃を招くを奈ん 牆辺耳あり防を欠く 塚中血は化す千年碧なり 九外屍は留む三日香ばし 此老の忠心きようじつの如し 阿誰貞節凜として秋霜 也た知る泉下遺憾無きを・・・<内田魯庵「八犬伝談余」青空文庫>
  3. ・・・男もこれほど女の赤心が眼の前へ証拠立てられる以上、普通の軽薄な売女同様の観をなして、女の貞節を今まで疑っていたのを後悔したものと見えて、再びもとの夫婦に立ち帰って、病妻の看護に身を委ねたというのがモーパサンの小説の筋ですが、男の疑も好い加減・・・<夏目漱石「現代日本の開化」青空文庫>
  4. ・・・曖昧で執拗な桎梏に圧えられながら生活の必要から職業についていて、女らしさが慎ましさを外側から強いるため恋愛もまともに経験せず、真正の意味での女らしさに花咲く機会を失って一生を過す人々、または、女らしき貞節というものの誤った考えかたで、わが人・・・<宮本百合子「新しい船出」青空文庫>
  5. ・・・無限の悲哀を誘うこの現実と、生殺与奪の権利をもった男たち、その父、その良人、その息子からさえ監視されて、貞節に過さなければならなかった女の生涯を眺め合わせたとき、私たちは心から慄然とする。女とはどういう生きものと思われて来たのであったろうか・・・<宮本百合子「貞操について」青空文庫>
  6. ・・・「永年遠国に罷在候夫の為、貞節を尽候趣聞召され、厚き思召を以て褒美として銀十枚下し置かる」と云う口上であった。 今年の暮には、西丸にいた大納言家慶と有栖川職仁親王の女楽宮との婚儀などがあったので、頂戴物をする人数が例年よりも多かったが、・・・<森鴎外「じいさんばあさん」青空文庫>