出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 海洋上の定点で、観測船によって行った気象や海洋の国際的な連続観測。日本は四国沖の北緯29度、東径135度の南方定点(T点とよばれた)を担当したが、昭和57年(1982)廃止。

  1. ある一定の地点で、気温や気圧、降水量などの気象要素を連続して観測すること。「定点観測カメラ」

  1. 変化のある事象について、一定期間、観察や調査を続けること。「家電の価格の定点観測」

[地学/気象]カテゴリの言葉

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉