ていとう‐けん〔テイタウ‐〕【抵当権】 の意味

  1. 担保となっている物を債務者のもとに残しておきながら、債務弁済されないときにはその物から債権者が優先的に弁済を受けることを内容とする担保物権不動産地上権永小作権のほか、船舶・自動車や特殊な財団などについて認められる。