出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎧 (よろい) の草摺で、弓を射るとき敵に向き合う部分として入念に作り、胴の左脇に蝙蝠付 (こうもりづけ) で連接したもの。弓手 (ゆんで) の草摺。太刀懸 (たちかけ) の草摺。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉