出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代フェニキアの海港都市。前12世紀ころから地中海貿易の根拠地として繁栄、アッシリアマケドニアと争った。カルタゴはその植民市。現在のレバノン南西部の村スールにあたり、遺跡は「ティール」の名で1984年に世界遺産(文化遺産)として登録された。テュロス。ティール。