て‐いれ【手入れ】 の意味

  1. [名](スル)
  1. よい状態を保つために、整備・補修などをすること。「手入れが行き届く」「よく手入れされた庭木」
  1. 捜査検挙のために、現場や犯人の居所に踏み込むこと。「密売の現場を手入れする」
  • 名詞
  • て‐いれ【手入れ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・遣放しに手入れをしないから、根まわり雑草の生えた飛石の上を、ちょこちょことよりは、ふよふよと雀が一羽、羽を拡げながら歩行いていた。

      泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」

    • ・・・ 二人は、りんご樹の手入れをしたり、栽培をしたりして、そこでしばらくいっしょに暮らすことになりました。

      小川未明「あほう鳥の鳴く日」

    • ・・・ 勿論、警察の手入れはある。

      織田作之助「大阪の憂鬱」