出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]《「とい(言)えれば」の音変化。古文書や漢文訓読系の文章に用いられる》というわけで。以上の次第で。さて。
  • 「一方闕 (か) けんにおいては、いかでかその嘆きなからんや、―ことに合力 (かふりょく) いたして」〈平家・四〉