出典:デジタル大辞泉(小学館)

《眺めることの意》哲学で、永遠不変の真理や事物の本質を眺める理性的な認識活動。アリストテレスは、これを実践(プラクシス)や制作(ポイエーシス)から区別し、人間の最高の活動とした。観想。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉