で‐おく・れる【出遅れる】例文一覧 1件

  1. ・・・そうか、やはり五番がいいかねと、五番の馬がスタートでひどく出遅れる癖があるのを忘れて、それを買ってしまうのだ。――人々はもはや耳かきですくうほどの理性すら無くしてしまい、場内を黒く走る風にふと寒々と吹かれて右往左往する表情は、何か狂気じみて・・・<織田作之助「競馬」青空文庫>