て‐かけ【手掛(け)/手懸(け)】例文一覧 2件

  1. ・・・ 妾手掛けなら知らないこと、この世知辛い世に顔や縹致で女房を貰う者は、唐天竺にだってありはしない。縹致よりは支度、支度よりは持参、嫁の年よりはまず親の身代を聞こうという代世界だもの、そんな自惚れなんぞ決してお持ちでないって、ねえ、そう言った・・・<小栗風葉「深川女房」青空文庫>
  2. ・・・その青年は、高瀬も四年手掛けた生徒だ。泉と連立って、高瀬はその生徒の家の方へ歩いて行った。 赤坂という坂の町を下りようとする途中で、広岡学士も一緒に成った。「なにしろ、十年来の寒さだった。我輩なぞはよく凍え死ななかったようなものだ。・・・<島崎藤村「岩石の間」青空文庫>