出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治末年から大正にかけて学生に歌われ、全国の花柳界に流行した歌。兵庫県篠山 (ささやま) 付近の盆踊り歌の変化したものという。「でかんしょ」は「出稼ぎしよう」の意、「徹今宵 (てっこんしょう) 」の意など諸説がある。