出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 戦い・競争・試合の相手。「大国を敵に回して戦う」「敵の意表をつく」「敵をつくりやすい言動」⇔味方

  1. 害を与えるもの。あるものにとってよくないもの。「民衆の敵」「社会の敵」「ぜいたくは敵だ」

  1. 比較の対象になる相手。「敵のほうがもてる」「弁舌にかけては彼の敵ではない」

  1. 遊里で、客と遊女とが互いに相手をさしていう語。相方。おてき。

    1. 「―もをかしき奴 (やつ) にて」〈浮・一代男・二〉

  1. (「的」とも書く。代名詞的に用いて)多少軽蔑して、第三者をさしていう語。やつ。やつら。

    1. 「―めもえらい痴呆 (へげたれ) めぢゃ」〈滑・浮世風呂・前〉

[用法]敵 (てき) ・[用法]かたき――自分にとって害をなすもの、滅ぼすべき相手の意では「敵」も「かたき」も相通じて用いられるが、普通は「敵」を使う。「かたき」はやや古風ないい方。◇「敵」は戦争・競争・試合の相手全般について使う。「敵を負かす」「敵に屈する」「敵が多い」◇争いなどの相手の意で使う「かたき」は、「恋がたき」「商売がたき」「碁 (ご) がたき」のように複合語として用いられることが多い。◇深い恨みを抱き、滅ぼしたいと思う相手の意では「かたき」を使う。「親のかたきを討つ」「父のかたきを取る」「目のかたきにする」など。◇類似の語に「あだ」がある。「かたき」と同じように使われ、「あだ(かたき)討ち」などという。ただし「恩をあだで返す」は「かたき」で置き換えられない。