出典:デジタル大辞泉(小学館)

生体がいろいろなストレスを受けたときに、それに適応しようとする一連の防衛反応。警告反応を示し、続いて下垂体・副腎皮質系が活動を示す。この反応が過度になって、高血圧・関節リウマチ・胃潰瘍 (いかいよう) などの疾患が発生するとする。→ストレス説