てき‐せい【適性】例文一覧 1件

  1. ・・・「道徳の適性」とでもいうべきものが、未だに呑み込めて居ない様子なのである。言いたい事は、山ほど在るのだ。実に、言いたい。その時ふと、誰かの声が聞える。「何を言ったって、君、結局は君の自己弁護じゃないか。」 ちがう! 自己弁護なんかじゃ無・・・<太宰治「作家の像」青空文庫>