てき‐せい【敵勢】例文一覧 1件

  1. ・・・しかし家康はいつの間にか人一倍大きい目をしたまま、何か敵勢にでも向い合ったようにこう堂々と返事をした。――「いや、おれは欺かれはせぬ。」<芥川竜之介「古千屋」青空文庫>