テクニック【technic】例文一覧 13件

  1. ・・・特にワグマンについて真面目に伝習したとは思われないが、ブラシの使い方や絵具の用法等、洋画のテクニックの種々の知識を教えられた事はあるようだ。明治八、九年頃の画家番附に淡島椿岳の上に和洋画とあるのを以て推すと、洋画家としてもまた相応に認められ・・・<内田魯庵「淡島椿岳」青空文庫>
  2. ・・・それで自分にはどうもロスの勝利というのが呑込めなかったが、テクニックを知らないからだろうと思っていた。後で物言いがあったということをプログラムで読んでやっぱりそうかと思った。      三 別れの曲 ショパンがパリのサロンに・・・<寺田寅彦「映画雑感6[#「6」はローマ数字、1-13-26]」青空文庫>
  3. ・・・自分は拳闘については全くの素人で試合の規則もテクニックもいっさい知らないのであるが、自分が最初からこの映画でおもしろいと思ったのはこの二人の選手の著しくちがった個性と個性の対照であった。 カルネラは昔の力士の大砲を思い出させるような偉大・・・<寺田寅彦「映画雑感(3[#「3」はローマ数字、1-13-23])」青空文庫>
  4. ・・・ 未来の映画のテクニックはどう進歩するか。次に来るものは立体映画であろうか。これも単に双眼的効果によるものでなく、実際に立体的の映像を作ることも必ずしも不可能とは思われない。しかしそれができたとしたところでどれだけの手がらになるかは疑わ・・・<寺田寅彦「映画時代」青空文庫>
  5. ・・・ これはあまりにも勝手な空想であるが、こうした実験も現在の進んだ音響学のテクニックをもってすれば決して不可能ではないであろう。 それはとにかく、以上の空想はまた次の空想を生み出す。それは、九官鳥の「モシモシカメヨ」が、事によると、今・・・<寺田寅彦「疑問と空想」青空文庫>
  6. ・・・実験上のテクニックでも人の真似をするよりは何かしら一工夫するのが好きであった。例えば短時間の強い光源としてのアンダーソンの針金の電気爆発を使う代りに水銀のフィラメントの爆発を使ったり、また電扇の研究と聯関して気流の模様を写真するために懐炉灰・・・<寺田寅彦「工学博士末広恭二君」青空文庫>
  7. ・・・ 詐欺師や香具師の品玉やテクニックには『永代蔵』に狼の黒焼や閻魔鳥や便覧坊があり、対馬行の煙草の話では不正な輸出商の奸策を喝破しているなど現代と比べてもなかなか面白い。『胸算用』には「仕かけ山伏」が「祈り最中に御幣ゆるぎ出、ともし火かす・・・<寺田寅彦「西鶴と科学」青空文庫>
  8. ・・・このように、読者を欺すという悪意は少しもなくて、しかも結果において読者を欺すのが新聞のテクニックなのである。 七月十四日の朝東京駅発姫路行に乗って被害の様子を見に行った。 三島辺まで来ても一向どこにも強震などあったらしい様子は見えな・・・<寺田寅彦「静岡地震被害見学記」青空文庫>
  9. ・・・ 現象の本性に関する充分な知識なしに、ただ電気のテクニックの上皮だけをひとわたり承知しただけで、すっかりラディオ通になってしまったいわゆるファンが、電波伝播の現象を少しも不思議と思ってみる事もなしに、万事をのみこんだ顔をしているのがおか・・・<寺田寅彦「路傍の草」青空文庫>
  10. ・・・○イギリスとアメリカの短篇小説の違い、主としてテクニック上より。 東京会館で夕飯。お濠の景色。日本風なすき焼部屋。ミスが、面白い変化物語と、アナトール・フランス風の話をした。変化物語、なかなか日本の土俗史的考証が細かで、一寸秋成じみ・・・<宮本百合子「狐の姐さん」青空文庫>
  11. ・・・動、強さ、新しき文学  彼等の生活力、テクニック。〔欄外に〕 ロシア人は 彼等の着物を着かえたばかりではない 心まで変りつつある。     二月二十三日 クラスナヤ・アルミアの十年祭、方々に赤い旗が出て居・・・<宮本百合子「一九二七年八月より」青空文庫>
  12. ・・・洋画の世界で近代画家の必要なテクニックの一ツであるように思われているディフォーメイションもその徹底的な疑問がもたれていい時だ。ディフォーメイションがデッサンの不確さを蔽うというイージーな画業への害悪を取上げてみても真面目な画家ならそこに疑問・・・<宮本百合子「ディフォーメイションへの疑問」青空文庫>
  13. ・・・p.79 共和主義なんてレッテルとポリテクニックの放校生なんていまいましい汚名を雪ごうと思った。デリケートで気のきいた、むずかしい――そう云った行動ばかりする気でいた。ところが五十四フランのがくぶちと五フランの石刷画ですむんだ。リュ・・・<宮本百合子「「緑の騎士」ノート」青空文庫>