出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 棒の途中に置いた支点を中心に棒が自由に回転して、小さい力を大きな力に、小さい動きを大きな動きに変える仕組み。また、その棒。重い物を動かすときや鋏 (はさみ) ・滑車などに応用。槓杆 (こうかん) 。レバー。

  1. ある大きな目的を達成するための、比較的小さくても強力な手段。「減税を消費拡大の―にする」

  1. 手子の衆 (しゅ) 」に同じ。

出典:青空文庫