出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 状況に応じて加減すること。考慮して寛大に扱うこと。手加減。

  1. 経験して得た感触が手先などに残っていること。また、身についた技。

    1. 「切れ口―は良けれども」〈浄・今国性爺〉

出典:青空文庫