で‐しゃばり【出しゃばり】例文一覧 3件

  1. ・・・吉田は出しゃばりだった。だが人がよかったので、自分が出しゃばって物事に容喙して、結局は、自分がそれを引き受けてせねばならぬことになってしまっていた。二人が一緒にいると、いつも吉田が、自分の思うように事をきめた。彼が大人顔をしていた。それが小・・・<黒島伝治「雪のシベリア」青空文庫>
  2. ・・・ とすぐに出しゃばり、「それは、どんなんです? やはり、アメリカのものなんですか? いつ、配給になるんです?」 人絹と間違っているらしいのだ。あまりひどすぎて一座みな興が覚め、誰も笑わず、しかめつらになった。 眉山ひとり、い・・・<太宰治「眉山」青空文庫>
  3. ・・・の出版を、よろこぶの心のあまり、ひどく、不要の出しゃばりをしたようである。許したまえ。悪い心で、したことではなかったのだから。許さぬと言われるなら、それに就いて、他日また、はっきり申しひらきいたします。     或るひとりの男の精進・・・<太宰治「碧眼托鉢」青空文庫>