て‐すり【手×摺り】 の意味

  1. 人がつかまるために、橋・階段やベランダなどの縁に取り付ける横木や柵。欄干。
  1. 《「てずり」「ですり」とも》人形芝居の舞台で、人形遣いの腰から下を隠す横板。文楽では三つあり、舞台の奥か手前から一の手・二の手・三の手という。
  • 名詞