で‐たち【出立ち】例文一覧 2件

  1. ・・・其人等は皆脚袢草鞋の出立ちでもとより荷物なんどはすこしも持っていない。一面の田は稲の穂が少し黄ばんで畦の榛の木立には百舌鳥が世話しく啼いておる。早桶は休みもしないでとうとう夜通しに歩いて翌日の昼頃にはとある村へ着いた。其村の外れに三つ四つ小・・・<正岡子規「死後」青空文庫>
  2. ・・・近い道を物詣りにでも歩くのなら、ふさわしくも見えそうな一群れであるが、笠やら杖やらかいがいしい出立ちをしているのが、誰の目にも珍らしく、また気の毒に感ぜられるのである。 道は百姓家の断えたり続いたりする間を通っている。砂や小石は多いが、・・・<森鴎外「山椒大夫」青空文庫>