てつ‐いろ【鉄色】例文一覧 1件

  1. ・・・恥ずかしき紅と恨めしき鉄色をより合せては、逢うて絶えたる人の心を読むべく、温和しき黄と思い上がれる紫を交る交るに畳めば、魔に誘われし乙女の、我は顔に高ぶれる態を写す。長き袂に雲の如くにまつわるは人に言えぬ願の糸の乱れなるべし。 シャロッ・・・<夏目漱石「薤露行」青空文庫>