出典:デジタル大辞泉(小学館)

連歌の用字法(修辞法)の一。語を転倒して、意味を強く印象づける手法。「山の芋」とあるべきところを「芋の山」とする類。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉