出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 売買や請負などの契約締結の際に、その保証として当事者の一方から相手方に交付される金銭。契約が履行されたときは、代金の一部に充当されることが多い。手付け金。手金。「手付けを払う」

  1. 手付き2」に同じ。

  1. 手付き3」に同じ。