てっ‐けつ【鉄血】 の意味

  1. 《プロイセン首相ビスマルクの言葉から。「鉄」は兵器、「血」は兵士をさす》兵力。軍備。→鉄血政策
  • 名詞

てっ‐けつ【鉄血】の慣用句

  1. てっけつさいしょう【鉄血宰相】
  1. てっけつせいさく【鉄血政策】
    • ドイツ統一をめざすプロイセンの軍備拡張政策。1862年に行われた、首相ビスマルクの「現在の問題は演説や多数決ではなく、ただ鉄と血によってのみ解決される」との議会演説に基づく。