てっ‐こう【鉄工】例文一覧 3件

  1. ・・・松本自身鉄工所の一人息子でべつにけちくさい遊び方をした覚えもなく、金づかいが荒いと散々父親にこごとをいわれていたくらいだったが、しかし当時はよくよくのことが無い限り、果物など値の張るものはとらなかったものだった。 やがて珈琲が運ばれて来・・・<織田作之助「雪の夜」青空文庫>
  2. ・・・明方物凄い雨風の音のなかにけたたましい鉄工所の非常汽笛が鳴り響いた。そのときの悲壮な気持を僕は今もよく覚えている。家は騒ぎ出した。人が飛んで来た。港の入口の暗礁へ一隻の駆逐艦が打つかって沈んでしまったのだ。鉄工所の人は小さなランチヘ波の凌ぎ・・・<梶井基次郎「海 断片」青空文庫>
  3. ・・・ 夜が明けてから、お前が可愛がって運動に入れてやった「中島鉄工所」の上田のところへ、母が出掛けて行ったの。若しも上田の進ちゃんまでやられたとすれば、事件としても只事でない事が分るし、又若しまだやって来ていないとすれば、始末しなければなら・・・<小林多喜二「母たち」青空文庫>