出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]細かいことにこだわらないこと。のびのびとして大きいこと。また、そのさま。「―を極める」
  • 「―なる情況なんどを写しいだすに適わぬ由あり」〈逍遥小説神髄