てっ‐ぺい【撤兵】例文一覧 1件

  1. ・・・しかし、明治三十六年十月八日、露国の満洲撤兵第三期となった時、戦争はもはや到底避けられないことが明かになるや、黒岩涙香は主戦論に一変した。幸徳、堺は「万朝報」を退社し、「平民社」を創立した。そして、十一月十五日「平民新聞」第一号を発行した。・・・<黒島伝治「明治の戦争文学」青空文庫>