て‐ぬき【手抜き】例文一覧 1件

  1. ・・・そしてそれも余程慎重に突かぬと、相手に手抜きをされる惧れがある。だから、第一手に端の歩を突くのは、まるで滅茶苦茶で、乱暴といおうか、気が狂ったといおうか、果して相手の木村八段は手抜きをした。坂田は後手だったから、ここで手抜きされると、のっけ・・・<織田作之助「可能性の文学」青空文庫>