出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. てのひらを内側へ軽く曲げると中央にできるくぼみ。

  1. 飯を手づかみで食うこと。また、握り飯。

    1. 「師の曰 (いは) く何―をすべけんや」〈柳多留・一六〉