出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 手の皮膚を通して見える静脈。

  1. 手のひらにある筋。手相。てすじ。

  1. 2を見てその人の運勢を当てるところから》相手の身の上について、言いあてること。

    1. 「笑っている所を見ると―だね」〈紅葉多情多恨

  1. 筆跡。筆づかい。また、文字の巧拙の素質。「手の筋がいい」

出典:青空文庫