て‐の‐もの【手の物】例文一覧 1件

  1. ・・・母は手の物を置いて、眼鏡越しに省作の顔を視つめながら、「そらまあ……」 驚いた母はすぐにあとのことばが出ぬらしい。省作はかえって、母に逢ったら元気づいた。これで見ると、省作も出てくるまでには、いくばくの煩悶をしたらしい。「おッ母・・・<伊藤左千夫「春の潮」青空文庫>